アタッシェケース

アタッシェケース 2.8.2.8

世界標準の暗号化と使い勝手を両立させた暗号化ツール

完全な説明を見ます

賛成票

  • 個人用のファイルを安全に保護するのに適している
  • 世界標準の強力な暗号アルゴリズムが用いられている
  • ドラッグ&ドロップ操作でファイルの暗号化、解除ができる

反対票

  • 設定画面がやや難解な印象を受ける

秀逸
9

アタッシェケース(AttacheCase)は簡単にファイルを暗号化してくれるセキュリティソフトです。USBメモリーや社用ノートパソコンの紛失は情報漏えいの原因のトップに挙げられています。仕事に使っていない個人用ノートパソコンであっても、万が一のことを考えて、ファイルの中身を見られない工夫をしたいものです。Windows XP標準の「圧縮(zip)フォルダ」を利用しパスワードを設定する方法もありますが、専門のツールに比べてあまり強力でないのが難点です。「アタッシェケース」は使い勝手と強力な暗号化機能を併せ持っていますので、個人用のファイルを安全に保管する用途に有効です。

アタッシェケースは、世界標準として選ばれた暗号アルゴリズム「ラインダール」を用いて暗号化を行っています。このアルゴリズムは、現在世界で最も強力でまず解読不能な暗号の一つと言われています。企業用としては保証やサポートサービスがある製品の利用が適していますが、個人用のファイルを他人に勝手に見られないようガードするなら必要十分なレベルと言えるでしょう。

基本操作は実にシンプルです。アタッシェケースを実行するとウィンドウが開くので、暗号化したいファイルをドラッグ&ドロップしパスワードを入力するだけです。これで暗号化されたファイルが自動的に作成されます。暗号化の解除も同じ操作です。またアタッシェケースの入っていない他のPCでも暗号が解除できるよう「自己実行形式」のファイルも作成できます。

暗号化を行うときに注意すべき点はパスワードの管理です。これを忘れてしまっては解除できません。また、詳細設定の画面はやや難解な内容で、高度な設定をするためにはある程度の知識が求められます。

アタッシェケースは、簡単な操作でファイル強力な暗号化処理をしてくれるセキュリティソフトです。

変更

  • [v2.74]
  • ・「暗号化パスワードを記憶する」を設定した状態で、「記憶パスワードで確認なく実行する」のチェックを外していると、元ファイルの削除を設定していても、削除処理が行われていなかった不具合に対処。
  • ・暗号化/復号処理が完了した状態で、関連付け起動、アイコンへのファイルのドラッグ&ドロップしたときの処理が正常に行われなかった不具合に対処。
アタッシェケース

ダウンロード

アタッシェケース 2.8.2.8